2016年12月30日金曜日

ちょっとだけ〜2016年を振り返って(3)〜

ブックンロールオキナワ2016の期間中。
いろいろな人にお会いしましたが、とても印象に残った言葉をひとつだけ。

イベントにかかわってくださった方が、こんなことをおっしゃっていました。

「本屋のこと、あるいはそれに関わることに取り組んだり、情報を探したり、発信したりするのは、楽しくもあるけれどやっぱりすこし大変なこともある。だけど、ほっといても本屋のことを取り上げてくれる時代じゃない。ほかの誰かがやってくれるわけでもない。だから、毎日毎日、ちょっとだけ無理して、頑張って、本と本屋に関わり続けている」

2016年、ブックパーリー・ブックンロールオキナワ、そして仕事の中でも、「ちょっとだけ無理をして、日々頑張っている人」をたくさん見ました。

自分のことも顧みてですが。
本当は無理をしない方がいいのかもしれませんし、それに見合うだけの利益があったかどうか、すぐに結論を出すのは難しいでしょう。かといって私は、その「無理」をかんたんに否定することはできないなぁ、と思っています(全肯定もできないですが)。

たぶん、その中に、生きるということのなんらかがあるような気がしています。

そんなことで今年の振り返り記事は終わります。また来年も、本の周り、そしてブックンロールオキナワ2017でお目にかかれますよう。

2016年12月21日水曜日

今年はこんな本を作りました〜2016年を振り返って(2)〜

閑話休題。
今回はイベントとバンドのことから離れて、今年手がけた本のことを紹介したいと思います。「2016年を振り返って」であれば、もちろん触れなきゃですよね。

■ ■ ■

沖縄の出版社は、自分たちが作った本のことを「沖縄県産本」と呼んでいます。空犬太郎さんのブログにもありましたが、沖縄の本屋さんには必ずといっていいほどこの県産本の棚が設けられていますので、お手元に県産本を持っているという方も多いのではと思います(多いといいな)。

出版社と本屋さんとのあいだには、流通や支払いの一本化を目的として、「取次会社」が入るのが一般的です。出版社は、取次会社に本を出荷した時点でその分の支払いを受け取りますが、返品があった際にはその分を返金するという仕組み。取次会社は入荷した本を全国各地の書店さんに配本したり、注文を受けて発送したりします。
これは県外での話。

沖縄の出版社の場合、メインの売り場は県内の本屋さんで、だいたいが大手取次会社を通さずに自分たちで本を持っていって納品しています。本を納品した時点ですぐ支払いが立つのではなく、店頭に直接出向いて売れた数をカウントし、その分だけを精算します。コツコツと面倒に映るかもしれませんが、大金を回転させずに実売ベースの小商いをすることで、小さな出版社でも書店と取引ができるわけです。県内での流通をどこかに外注する場合であっても、大手ではなく地元にある取次会社に委託するのがほとんど。

県産本の9割ほどが地元で売れる背景にはこうした事情があります。いや、もともと地元を志向して本を作っているからそういう売り方が合っているのか、それは「卵が先かニワトリが先か」ということかもしれませんが、ともあれ県産本の多くが地産地消的な売り方をしていることはお分かりいただけると思います。

もうひとつ言い添えますと、本が読者の手元に届くまでには、出版社と本屋だけではなく、さまざまな人が存在します。流通会社・印刷会社・編集・デザイン会社・古書店・小売店・図書館……。

日本全体の「100分の1市場」なんて言われる沖縄でのことです。出版王国・沖縄を支えているのは、普段はあまり目立たないかもしれない、本の回りの人たち。もちろん、沖縄の本を書いて沖縄から出版したいと思ってくださる著者の方々の存在も大きいですし、何よりも、本を買ってくださる読者の方々あってのこと。

■ ■ ■

で、相変わらず前置きが長いですが、今年わたしが作った「県産本」は以下の通りです(そのほか編集ものがいくつか)。せっかくなのでデザインや印刷のクレジットも入れてみました。
来年はまた、どんな本を作ることができるでしょうか。楽しみですね。


復活のアグー 琉球に生きる島豚の歴史と文化
平川宗隆著 カバーデザイン:佐渡山安博 印刷:でいご印刷

うたう星うたう
瑶いろは著 カバーデザイン:YES DESIGN ROOM 印刷:でいご印刷

沖縄のデザインマンホール図鑑
仲宗根幸男著 カバー・本文デザイン:仲田慎平 印刷:東洋企画印刷

尚円王は松金 妻はカマル
やまのはとしこ著 カバーデザイン:武富良実 印刷:でいご印刷

おうちでうちなーごはん!
はやかわゆきこ著 カバー・本文デザイン:渡慶次博 印刷:東洋企画印刷

詩集 恋はクスリ
鈴木小すみれ著 装画:今村雄太 カバーデザイン:YES DESIGN ROOM 印刷:でいご印刷

私のアパート経営〈失敗〉物語
仲村渠俊信著 カバー・本文デザイン:仲田慎平 印刷:東洋企画印刷

ダボハゼ〜人生逆転劇場〜
住川明彦・美恵著 カバーデザイン:佐渡山安博 印刷:でいご印刷

【近刊】
内地の歩き方 沖縄から県外に出るあなたが 知っておきたい23のオキテ
吉戸三貴著 カバーデザイン・本文イラスト:ぐりもじゃサスケ 印刷:東洋企画印刷



2016年12月19日月曜日

バンドやろうぜ!イベントやろうぜ!〜2016年を振り返って(1)〜

長らく更新ができていなかった本ブログ。
年の瀬も押し迫ってきましたので、ここで、今さらながらイベントを振り返ってみたいと思います。

「沖縄でもブックンロールをやろう!」と、わたしが本格的に動き出したのが2016年の年明け頃でした。それまでは私一人の脳内だけにある、空想というか夢想というか、ほとんど妄想に近いものでしかなかったのですが、大きなきっかけとなったのが酒の席でした(こればっかり)。ボーダーインクの飲み会に来てくださったリブロの筒井さんに、「これこれこういうことで、バンドやりませんか?」とお声をかけたら、即答で「やりましょう。ベース、転勤のときに持って来てます」と快諾をいただいたのです。











余談ですが、その飲み会では、むぎ(猫)ちゃんにライブをしてもらいました。




ギターとベースが揃い、そこにボーカルも加わって、3人で初めて練習スタジオに集まったのが5月のこと。ベースと歌にはなんの心配もありませんでしたが、わたし自身は借り物のエレキと中古のエフェクターに慣れるので精一杯。よくライブの場に立ったなぁと、(今さらながら)(我ながら)思っています……。

ライブの部の練習はこうして動きだし、さらに、大事な「トークの部」の準備もスタートしました。「書店員さんに出ていただいて、それぞれの店の“顔が見える”イベントにしたい」と思ってのことでしたが、人選や出演交渉にはかなりの苦労がありました。

でもそこから見えてきたものが、実は、わたし自身がブックンロールで得た最大のものだと思っています。この話は長くなるので、また何かの機会に。

■ ■ ■

さらに、脳内には野望がもうひとつ。
ブックンロールをやるなら、本家ブックンロール主催者である空犬太郎さんにもぜひゲストで来ていただきたい。せっかく来ていただくなら、たくさんの本屋さんを一緒に回りたいし、いろいろなブックイベントを見てほしい。

秋の沖縄を彩るブックイベント「ブックパーリー」。2013年・2014年と開催され、その認知度も徐々に上がっていましたが、2015年は諸事情あって開催されず。このままフェイドアウトするのはもったいないと思っていました。そんなこともあって、「一緒にブックパーリーOKINAWAやりませんか」と、本屋関係者のみなさんにお声掛けをしたのでした。

もちろん私の声掛けだけで動いたわけではないですよ。今年の実行委員会となったのが、ジュンク堂書店那覇店の森本店長、リブロリウボウブックセンターの筒井店長、「古書の店 言事堂」の宮城さん、「くじらブックス」の渡慶次さん、そして私の5人です。

パーリー開催に呼応して、県内の各所でイベントが実行されました。
ブックカフェ、書店・古書店さんのオリジナル企画、読み聞かせキャラバン、ミニシアターでの上映会、アウトドアでの読書イベント、モノレール車内での即興演劇、古本市などなど。

本の現場のみなさんが、時には別のジャンルも一緒になって個性的なブックイベントをつくりあげておられました。いや〜今年のパーリーは凄かった。全国各地でもブックイベントは盛んですが、それにも決してひけをとらない盛り上がりを見せたのです。

余談ですが、今年のパーリーの裏テーマは「コラボ」だったかなぁと思っています。
本と映画、本と演劇、本とアウトドア。
そして本とロック!

■ ■ ■

こうしたさまざまなイベントの情報のとりまとめ、フライヤー等の制作、マスコミ関係の告知、記者会見、広告代理店さんとのやりとりなど、やるべき仕事は膨大にありました。さらに、実行委員それぞれがイベントを主催したり、どこかに出演したりということも。もちろん通常業務の合間にです。

ブックパーリーの実行委員長を務められた森本さんが何度もおっしゃっていて、今年のテーマにもなった「本は人生を変える」という言葉。

本に関わる皆さん、それぞれで、本に対する思いは異なりますが、「本は人生を変えるからこそ、誰かが、いろんな本に出会えるきっかけをたくさんつくりたい」という思いが、ブックパーリー運営の通奏低音としてあったことでしょう。

これは本の現場だけではないですが、イベントをやるメリットとは何でしょう。大きな利益を出すというのは本当に難しく、本の売上そのものにつなげるのも、また難しいこと。理念だけではうまくいかないし、個々人の努力だけに頼ったものも長く続けられない。

こうした問題には、私自身、まだ答えを持っていませんが、答えに向かって進んでいるような気はしています。

歩いていったその先でしか見えないものが、世の中にはある。

そんなことで、いよいよ動き出したブックンロール+ブックパーリー。
長くなったので、続きはまた次回の更新で。


2016年10月11日火曜日

【トークの部出演者情報】大城書店石川店 吉山盛綱さん

日付が改まって、いよいよブックンロールオキナワ、開催があすに迫ってまいりました。バンド+トーク出演者一同、いろいろ準備に励んでおります。

さて、前回の更新では、【ライブの部】にドラムで出演される小原猛さんについて記事を書きました。いよいよこの出演者情報も残すところあとお一人です。

-----------------------------------------------
大城書店
読谷・嘉手納・うるま市石川に3店舗を構える。地域に愛される老舗書店。路面型スーパーや商店街にある各店には、老若男女問わず客足が絶えない。登壇者は石川店店長の吉山盛綱さん。
-----------------------------------------------

大城書店の創業者は、大城行雄さん。
昭和26年に、地元である読谷村で、24坪の店舗からスタートしました。ご夫婦で始めたお店の信条は「地元密着」。創業当初は、読谷から近隣町村へ客が流れないように、雑誌売上の8割ほどをも宅配していたのだそうです(のちに、村内から範囲を近隣町村へも広げておられます)。そうしたこともあって、界隈では知らない人はいない、地元に愛されたお店として名を馳せています。

今回の登壇者である吉山さんは、現在ある3店舗のうちのひとつ、石川店の店長を務めておられます。なんと20代!若くて、有能な店長さんです。
学生の頃からお店に通っておられたのだそうですよ。

同店は、うるま市石川にある路面型複合ショッピング施設にあります。


大城書店石川店

読谷村都屋にあるマックスバリュの敷地にリニューアルオープンした、読谷店。


大城書店読谷店


さらに、嘉手納ロータリー近くの商店街に店舗を構える、嘉手納店。


大城書店嘉手納店

いずれも、書籍だけではなく、文具や学用品にも力を入れていて、さらにオリジナル商品の開発などにも余念がありません。地域のニーズに応える、という言葉にふさわしい「町の本屋さん」です。
さらに申し上げると、スタッフの皆さんがとても朗らかで親切です。お店に行くとついつい長居をしてしまいます。
お客様との間に日々巻き起こる、楽しいエピソードにも事欠かないようですが、詳しくは登壇者の吉山さんから、当日いろいろ伺うことができることでしょう。

ちなみに。
吉山さん、なんとドラムを叩くミュージシャンでもあるんですよ(!)。



2016年10月5日水曜日

【ライブの部出演情報】怪談作家 小原猛さん

いろいろ極まってきたブックンロールオキナワ2016。新聞・テレビ・ラジオほか、メディアの露出度も高めです。トークイベントとしては(新人バンド「やぎ」としても?)、注目度がかなり高いのではないでしょうか。

取材してくださったメディア関係各位には感謝しかありません。このブックンロールオキナワによって、沖縄の本屋さんにさらなる注目が向いてくれると最高だと思っています。

■ ■ ■

さて前回の更新では、【ライブの部】にラッパーとして登場されるじゃぱなさんについて記事を書きましたが、今回はこちらの方を。

-----------------------------------------------
小原猛(こはら・たけし)ダムダムブックス
1968年8月24日、京都生まれ。怪談作家。『琉球怪談』シリーズほか著作多数。
好きな漫画は山本英夫『ホムンクルス』。
-----------------------------------------------

「沖縄では、本の現場のみなさんの仲が良い」と、どこかで書いたことがあります。仲が良いだけではなく、なんといいますか、境界があいまいでゆるい。例えば古本屋さんが本を出版したり、古本屋でふつうに新刊を売ったり、逆に、新刊書店でふつうに古本が並んでいたり、そんなことが日常的にあります。ほかの地域をあまり知らないので、同じようなこともあるのかもしれませんが。

これは、沖縄の戦後史も関係していると個人的には思っています。

沖縄は、戦後から1972年までは米軍による占領下でしたから、高度経済成長も東京オリンピックも大阪万博も、そこから派生した恩恵も、満身に受けることはありませんでした。なによりも日本から遠く離れた島ですから、商品だって日本並みに入るとはとても言えません。

そんな中、本という数少ない知的商材を、「新刊/古本」と区別することはあまりなかったのだと思います。復帰前に発行されていた雑誌や、あるいは商工年鑑などをめくっていると、新刊も古本も、さらには地球儀も万年筆もネクタイも一緒に売っている本屋さんの広告がよく見つかります。また、ある先輩の話によると、パスポートを持って本土に渡航したときに、新刊/古本問わず山のように購入して帰り、それを沖縄で販売したら文字通り飛ぶように売れたのだそうです。

まあ買い手側に区別がないのは当然として、売り手側にもまた事情がありました。県外から本を仕入れるときの船賃の負担です。本屋さんは、新刊書につけられた定価をドルへと変換するときに、独自のレートを使って少しだけ利ざやを増やし、それを船賃や貿易にかかる手数料にあてていたのだそうです。定価はあれど、その売価は古本と同じく変動があったわけですね。

本に飢えていたこと、時代背景から派生した新刊/古本との区別のなさが、いまの沖縄の本屋事情につながったのかもなと、2016年の私は妄想するわけです。
実際のところをご存知の方がおられましたら、ぜひご教示くださいね。

■ ■ ■

話が大きくなりましたが、何が言いたいかというと、そうした境界のゆるさによって、「古本屋さんが本の著者になる」のも頻繁に起こるということです。

その代表格と言えるのが小原猛さんです。沖縄のネット古書店の草分け「ダムダムブックス」の店長さんですが、2011年に実話怪談の本を発行したことをきっかけに、いまや「沖縄の怪談博士」として名をはせています。



琉球怪談』シリーズ第一作。


怪談作家としての単著デビューは、ボーダーインク刊『琉球怪談』です。その後も同シリーズは『七つ橋を渡って』『不思議な子どもたち』(共著・三木静)、『おきなわ妖怪さんぽ』(小原猛と琉球怪団)と続きまして、さらに今年も『琉球怪談作家、マジムン・パラダイスを行く』が刊行されました。

これも、「同業者に沖縄の怪談を集めている面白い人がいる」と、ボーダーインクが日頃から親しくしている古本屋さんが紹介してくれたのがきっかけでした。

小原さんはその後も、東雅夫さんらの『』など各雑誌・媒体での執筆のほか、琉球新報社、TOブックスなどといった県内外の出版社から著書を刊行。「りゅうPON!」での連載などを含めて精力的に執筆をされています。

さらに怪談による地域おこしや、ライター・スチールカメラマンとしての仕事、テレビ・映画・DVDなどの映像作品における監修(たまに出演)など、活躍の場は枚挙にいとまがありません。たまたまTSUTAYAで借りてきたDVDに小原さんが登場して、ぜんぜん中身に没頭できなかったことがあります。レンタル料返せ。

とにかく多才というか、多趣味というか、多忙というか、いろんなことをやっておられる小原さんですが、そのひとつが【ライブの部】でも披露されるドラムです。かなり前に立ち話で「ドラムの経験がある」と教えてもらったのを思い出しまして、「よろしければ今回のイベントでちょっと叩いてもらえませんか」と依頼したところ、「いーよー」とご快諾いただきました。わたしは小原さんに何かを断られたことは一度もありません。とても優しくて親切な方だと思います。

そして、スタジオ練習当日。
やって来た小原さんにドラムを叩いてもらって、一同、超びびりました。
何にびびったかって。
あとは会場で聴いてもらったら分かります。

サマーソニック深夜の稲川淳二みたいに、ブックンロールも時間が極まってきたら小原さんによる怪談語りタイムが…(ない)(ないです)(あったら面白いけどないです)。

さて、当日はどうなることでしょうか。
みなさま、どうぞお楽しみになさってくださいませ。



2016年10月4日火曜日

【ライブの部出演者情報】書苑 じゃぱなさん

さて本番まであと10日を切った(切ってしまった!)ブックンロールオキナワ。おかげさまで、チケットとご予約で満席となりました。パチパチパチ!
 
これも告知や販売にご協力いただいた皆様、そして何よりもイベントに来たいと思ってくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

あとは当日、楽しんでいただけるように、主催者・出演者一同、全力で頑張ってまいります。

■ ■ ■

さて、前回の更新では、【ライブの部】にボーカルで出演される、くじらブックスの渡慶次さんについてご紹介しましたが、今回はなんとラップで参加してくださるこの方について、記事を書きました。

-----------------------------------------------
じゃぱな 書苑
書店営業担当。ラッパーとして県内各所で活動中。
-----------------------------------------------

本屋さんといえば実店舗を構えるところだけだと思ってしまいがちですが、実はそれだけではありません。たとえば、学校や図書館(学校・公共)などに本を納入するのを専門としている書店もあります。じゃぱなさんが働いているのもそうした書店さん。子供たちが図書館で本を読めるのは、書店さんが日々、学校を回り、営業して、本を納めてくれているからこそなのです。

どんな本を納入するかというシビアな目で見ているわけですから、選書眼もほかの本屋さんとはちょっと違うように感じます。学校だから単純に児童書だけというわけでもない。沖縄関係の本にも力を入れてくださっていることも、作り手側としてはよく知っています。

図書館と本屋との関係についてはいろいろ沙汰があるようですが、個人的な考えを申し上げますと、図書館は長期間、本を保管してくれ、無料で貸し出しをしてくれますから、読書人口を広げる上でその存在意義は小さくないと思っています。また、実際、学校や図書館からの大口購入は、地元の出版社にとってはありがたい以外の何者でもありません。

沖縄が出版王国といわれる、その一翼と言っては大げさなのかもしれませんが、子供から大人まで、沖縄の本にいつでも触れられる図書館と、そこに本を届けてくださる書店さんたちは、沖縄の出版活動を根っこから支えていると思っています。

そうしたことで、日々、沖縄を北から南まで走り回るじゃぱなさんですが、ラッパーとして音楽活動中でもあります。ライブハウスやイベントでその姿を見た方もおられることでしょう。

私もじゃぱなさんの存在は知っていましたので、彼が出演するライブに行き、パフォーマンスを見たその場で、「ぜひブックンロールに出てほしい!」とスカウトしました。顔を合わせるのも初めてだというのに、いま振り返ってもたいへん驚かれたことだと思います。ほとんどドン・キングの所業ですから。

■ ■ ■

話は3年前にさかのぼります。

ただいま開催中のブックパーリーOKINAWA2016ですが、その第1回は2013年に行われました。そのときも、わたしは事務局(という名の裏方)を務めたのですが、期間中のイベントに、ジュンク堂書店那覇店での「ビブリオバトル」がありました。

出演者がそれぞれのオススメ本をプレゼンし、優勝者を決めるのです。私もたくさんのプレゼンを楽しんで、そして推薦された本も買いました。

その一冊がこちら。

ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50

内容はそりゃあ最高です。さらに私はオノ・ナツメさんが好きなので、オノさんが描いた表紙や挿画がたまらなくて、何度もページをめくっては惚れ惚れと眺めていました。

あの中の登場人物になりたい…!

今回のブックンロールのフライヤーを作るときに、ミキシズさんが絵を描いてくれることになりましたが、そのときにもこの本を渡して「オノ・ナツメさんみたいな雰囲気だったら最高」とお願いしたのです。



あとで知りましたが、ビブリオバトルでそのプレゼンをしたのが、当のじゃぱなさんだったのです。ブックンロール、なんだか面白いご縁が続きます。

そんなことで、じゃぱなさんは【ライブの部】でラップを披露してくれます。一体なにが起こるのか!? 私もまだ全容を把握していませんが、とにかく注目の一番ですよ。


2016年9月27日火曜日

【ライブの部出演者情報】くじらブックス 渡慶次さん

9月ももうすぐ終わりですね。ブックンロールオキナワ、本番まで2週間ほどとなっています。皆様、スケジュールの調整などは大丈夫でしょうか。

何度も言うよ〜。日時・会場は、10月13日(木)19時半から、那覇・沖映通りのバンターハウス、予約受付はこちらから。ご予約と前売りを優先する予定で、当日券は出ないかもしれませんので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

また、コンセンサスとしてお知らせしますと、【ライブの部】は、バンド演奏をしますので基本的に音が大きいです。ライブに慣れていない方、大きい音が苦手な方もおられますでしょうか。

「どうすればいいんだ!」という世界ですよね。

冗談みたいですが、受付のときに、ご希望の方にティッシュをお渡ししますので、ライブが始まったらティッシュを丸めて耳に詰めてください。アンプのすぐそばで演奏をするミュージシャンも実践している方法です。

みなさんが楽しめるイベントにするため、日々、創意工夫中です。

■ ■ ■

さて前回の更新では、【ライブの部】にボーカル・ハーモニカで出演される、小雨堂の三木静さんについてご紹介しましたが、今回は、もうひとりの女性ボーカルとお店についてご紹介したいと思います。

-----------------------------------------------
渡慶次美帆(とけし・みほ)くじらブックス
1984年子年、豊見城村(市)生まれ。バイト時代を含めて約10年の書店勤め後、小さい本屋「くじらブックス」として独立。八重瀬町に開店準備をしつつ、イベント企画・出店など活動中。現在、那覇市松川にて、仮店舗を営業中。
-----------------------------------------------

渡慶次さんとの出会いは、彼女がジュンク堂の那覇店でお仕事していた2013年のこと。その年に行われた第1回ブックパーリーNAHAで、わたしも事務局としてアレコレしていたこともあり、メイン店舗であるジュンク堂スタッフのお一人として知り合ったのです。

いやー、あの年は本当によく飲んでいた……。

渡慶次さんの書店員遍歴がまとめて読めるコラムがあります。

ほんとーく 第一回
      第二回
      第三回

そして翌2014年には、渡慶次さん自身が「第2回ブックパーリーNAHA」の中心人物となり、準備に運営にと奔走しました。特筆すべきは、NAHA ART WALKとのコラボが実現したこと。「本とアートの一大イベント」として、その年のブックパーリーはにぎにぎしく開催されたのでした。

そのあと、渡慶次さんは自分の店を開くためにジュンク堂を退社し、「くじらブックス」の屋号を持つ立派な店長さんになりました。そして、ただいま開催中の「ブックパーリーOKINAWA2016」でも、事務局の一人としてせっせと活動中です。

今年のパーリー事務局メンバーの一人である言事堂さん、満月即興、そしてくじらブックスが主催して、こんなイベントも開催されます。


『満月即興』第30回記念ゆいレール公演×夜の街を走る朗読会


渡慶次さんは、現在、那覇市松川に「くじらブックス」仮店舗をオープンさせています。


入り口




仮の小さなお店とはいえ、中身はたいへん充実しています。沖縄関連古書だけでなく、新刊書、絵本、美術書、サブカル本まで、目配りのきいた品ぞろえはさすがのキャリア。

さらに、毎週木曜は「市場の古本屋ウララ」店頭で「出張くじらブックス」を営業中です。通販サイトも充実していますので、そちらもぜひご利用くださいね。


上記のコラムにもありますが、渡慶次さんは大変な音楽好きで、ブックンロールOKINAWAではボーカルを務めてくれます。
小さなくじら、ようそろー。


くじらブックス(仮店舗、本店舗は八重瀬町にて開店準備中)
〒902−0062 那覇市松川1-12-9
営業時間:11時〜18時
不定休(ブログ・店頭に掲示)